仕事

ドラえもん映画を久しぶりに見たらサイト作りの教訓になった話

ドラえもんの映画を久しぶりに見たらサイト作りの教訓になった話の画像
ゆき
ゆき
こんにちは!この記事は、YUKITABI運営者のゆきがお送りします!

 

先日、小学生の時ぶりに「ドラえもん」の映画を観てきました。

「ドラえもん のび太の宝島」です。

 

ぼくは子どものころ、ドラえもんが大好きでした。

映画館に連れていってもらったり、ドラえもん映画をレンタルしてもらって、何度も繰り返し見た記憶があります。

第1作目「のび太の恐竜」から、第13作目「のび太の雲の王国」までは、今でもなんとなく話の内容を覚えているので、相当好きだったんだろうな(笑)

 

たぶん、中学生になってドラえもんは見なくなったので、、、

実に25年ぶりぐらいのドラえもん映画でした。

 

で、今回映画を見て思ったのが、ドラえもん映画には「サイト作成の教訓になるポイントがたくさんある!」ということです。

忘れないうちにまとめておこうと思います。

ドラえもん映画には「いつも変わらないこと」と「時代に合わせて変わったこと」がある

ドラえもん映画は、1980年からほぼ毎年公開されています。

もうすぐ40年目なので、こんなに長い間愛されているアニメって他にないですよね。

 

でも、2005年だけ映画公開が無くポカッと穴があいています。

そうです、大山のぶ代さん時代のレギュラー声優陣が交代した年だからです。

ここから、新生ドラえもんがスタートするわけです。

 

そんなわけで、昔も今も”ドラえもんはドラえもん”ですが、ザッと分けて

  • 大山のぶ代さんドラえもん時代
  • 水田わさびさんドラえもん時代

で、いろいろな部分が変わっています。

声や絵のタッチだけでなく、ドラえもんたちのキャラクターも微妙に変わっている気がします。

 

それってきっと、ドラえもんが長く愛されるように試行錯誤した結果なのかなぁって思います。

 

でも、ドラえもん映画から伝わってくる

  • 友情の大切さ
  • 親子の絆の素晴らしさ
  • 冒険をするワクワク感

は、昔も今も変わらないなぁって思います。

 

サイト作成もきっと一緒で、時代や状況に合わせて常に良いものを作る努力が必要で、

その一方で、「ユーザーに価値を与える良いコンテンツを作る」という、変えてはいけない軸があるよなぁと改めて思いました。

 

そんな1番大事なことが、なぜか置き去りになっていることがあるので。。。反省です。

スポンサーリンク



子供もおとなも楽しめるドラえもん映画。わかりやすくて誰でも感動できる

ドラえもん映画って、子供向けアニメのはずなのに、親や家族、大人も楽しめて感動しますよね。

それってたぶん、誰にでもわかりやすい普遍のテーマが題材だからだと思います。

先ほども書いた、

  • 友情の大切さ
  • 親子の絆の素晴らしさ
  • 冒険をするワクワク感

この3つだと思っています。

 

友情が大切というのは、誰でもわかっているはずだけど、それをわかりやすく伝えるのって結構難しいですよね。

また、親子の絆や冒険のワクワク感って、大人になって忙しく過ごしていると、どうしても忘れがちです。

 

そういう大切なことを、わかりやすく見せてくれるのがドラえもん映画の魅力だと思います。

 

サイト作成も、

  • 誰にでもわかりやすいコンテンツ作成をすること
  • わかりやすいサイトの作りを目指すこと

がやっぱり大切かなと。

文章はもちろん、サイトの構造だとか見た目とか。

 

わかりにくいと誰も読んでくれない。だから、ドラえもん映画のようにわかりやすく伝えるサイト作りが出来たらいいなって思います。

スポンサーリンク



新しいドラえもん映画を観たら、昔のドラえもん映画も観たくなった

新しいドラえもん映画を観た日の夜、家に帰ったぼくが最初にやったことは、、、

昔のドラえもん映画をNETFLIXやAmazonプライムビデオで見れないか検索することでした。

 

無性に他のドラえもん映画が観たくなったんです。(※Amazonプライムビデオでドラえもん映画がたくさん見れます(*´_ゝ`))

すっかり子供のころと同じ「ドラえもんファン」に舞い戻ってしまいました。

 

サイト作成も、

  • 1つ記事を読んだら他の記事も読みたくなるサイト
  • そのサイトのファンになってしまうサイト

を目指すのがとても大切だなと改めて感じました。

 

映画館で新しいドラえもん映画を観てから、古いドラえもん映画を一気に5本見ちゃいました(*´_ゝ`)

まとめ:ドラえもん映画のようにサイトを作りたい

というわけで、「ドラえもん映画を見て感じたサイト作りの教訓」をまとめてみました。

これからは、ドラえもん映画のようなサイト作りを心がけようと思います。

 

ちなみに、新しいドラえもん映画「のび太の宝島」の内容には全く触れてませんが、とっても良かったです。感動しました。

子供のころも思ったけど、ドラえもんほしいなぁ(*´ェ`*)