道具

DR.Jのプロジェクターを購入してみた【安いのに満足度◎初心者におすすめ】

DR.Jのプロジェクターを購入してみた【安いのに満足度◎初心者におすすめ】
ゆき
ゆき
こんにちは!この記事は、YUKITABI運営者のゆきがお送りします!

 

最近「家で映画を大画面で観たい」という思いが募り、プロジェクターを購入しました。

「プロジェクターって、安くても4〜5万円くらい?」と思っていましたが、Amazonで調べるとお手頃価格のプロジェクターって結構たくさんあるんですね。。。

今回は、そのなかでもとくにお安く評価も高かった「DR.J」のプロジェクターを選んでみました。

このプロジェクター、ぼくが購入した時点で8,000円以下。激安です。

「いきなり高いプロジェクターを買う勇気もないし、この値段なら失敗してもいっか」くらいに思っていましたが、、、

初心者のぼくにはこれで十分!大満足です。

 

というわけでこの記事では、DR.Jプロジェクターの

  • スペックや写真
  • 良いところや悪いところ
  • どんな人におすすめできるか

をまとめてみました。

「はじめてプロジェクター買おうと思っている」

「できるだけ安いプロジェクターを探している」

Yuki
Yuki
こんな方は参考にしていただけたら嬉しいです。

【安くても最低限の機能は備わっている】DR.Jプロジェクターのスペック

こちらが今回購入した、DR.Jの「HI−04 MINI PROJECTOR」というプロジェクターです。

 

本体と付属品はこんな感じ。

  • プロジェクター本体
  • リモコン
  • 電源ケーブル
  • HDMIケーブル
  • AVケーブル
  • マニュアル

という構成です。

このお値段でリモコンやHDMIケーブルが付いているのは嬉しい。

中国製ですがマニュアルはしっかり日本語。保証書もついていました(3年保証のようです)。

 

プロジェクター本体は、片手で持ち上げられるくらいコンパクト。

重量は約860gです。

 

「入力・出力端子」は本体側面に集約されています。

左から、

  • ヘッドフォン端子
  • AV端子
  • TF
  • HDMI
  • USB
  • VGA

反対側の側面には、電源コードの差込口があります。

 

前面についているネジを回せば、ある程度角度調整が可能です。

 

また、「三脚穴」もあるので、三脚等を取り付ければ高さ・角度調節がしやすくなります。

 

プロジェクターの操作は、本体上面のボタンかリモコンで行います。

使い勝手が良いのはリモコン。きちんとプロジェクターに向けて操作をすれば感度も悪くありません。

 

そして、本体上面についているダイヤルで、

  • フォーカス調整
  • キーストーン補正

を行います。

キーストーン補正というのは、投写角度によって起こる画面の歪み(台形のようになってしまう)を補正する機能です。

 

DR.J LEDプロジェクターの明るさは、2400ルーメン。

ルーメンはプロジェクターの明るさを表す数値で、以下が使用環境の目安になるようです。

家庭用プロジェクタは1000~2000ルーメンが一般的、明るいところで使うビジネス用プロジェクタは2500ルーメン以上の輝度を備えています。

引用元:価格コムより一部抜粋

 

DR.Jプロジェクターの寿命はLEDライト式のため、約50,000時間と長寿命。画面サイズは最大170インチまで調整が可能です。

  • 32インチ〜170インチ対応
  • 投影距離1m〜5m

ちなみに170インチは、3454mm × 2591mm(約3.4m × 約2.6m)です。

 

解像度は、800 × 480 WVGA (Wide-VGA)。

一応「1080pのフルHDにも対応している」と説明書などに書いていますが、解像度は800×480なので、フルHDってどういうことなのか。。。少し謎です(汗)

 

プロジェクター本体には、スピーカーが2つ内蔵(ステレオ)されています。

 

肝心の画質はこんな感じ。(夜部屋を真っ暗にした状態・スクリーンなどは無し・部屋の壁に投写しています)

伝わりにくいかもしれませんが、明るさは十分です。

色味が多少不自然な感じもありますが、慣れたら気にならなくなりました。

 

設定等も日本語にローカライズされているので、電源を入れればすぐに使えますよ。

 

というわけで、スペックを表にまとめてみます。

サイズ 横  198mm
奥行 153mm
高さ 68.5mm
重さ 0.86kg
解像度 800 × 480
消費電力 50w
ランプ使用寿命 50000時間
画面サイズ 32〜170インチ
明るさ 2400ルーメン
コントラスト 最大1000:1
スピーカー 2つ
入力・出力 HDMI USB
VGA SDカード
3.5mmオーディオ出力

スポンサーリンク



DR.Jプロジェクターの良いところ・気になるところ【安いけどおすすめできる】

ではここからは、DR.J HI-04 ミニプロジェクターの良いところ・気になるところをお伝えしていきますね。

  • 作りは安っぽい
  • ファンの音は大きめ・内蔵スピーカーはおまけ程度
  • 安くても大画面で迫力ある映像を楽しめる
  • コンパクトで軽いので持ち運びが苦にならない
  • 難しい設定はいらない・すぐ楽しめる

作りは安っぽい

まず最初に気になるところを書いちゃいます。

ハッキリ言って、値段が値段なだけに作りは安っぽいです(泣)

 

とくに、高さ調整のネジやフォーカス調整のダイヤルはチープな感じ。

 

また、左右の側面に端子類があるので、ケーブルをつなぐと見栄えは良くありません。(できれば後面に端子類を集約してほしかった)

なので、「高級感」や「見栄え」を求める方には正直おすすめはできません。

ファンの音は大きめ・内蔵スピーカーはおまけ程度

そして、プロジェクターの熱を冷やすファンの音は割と大きめ。

気になる人は気になるレベルだと思います。

 

また、DR.Jプロジェクターに内蔵されているステレオスピーカーは、音量は問題ないものの低音がスカスカで寂しい感じです。

なので、迫力ある音で映画を観たいなら別途スピーカーを用意したほうが良いかと。

 

ぼくはこの問題を解決するために、ポータブルスピーカーをつなげて音を出しています。

ちなみにぼくが使っているのは、Ankerの「SoundCore2」というスピーカーです。

充電式でコンパクトなのにめちゃ低音が効いててかなりおすすめ。

音が変わるとホームシアター体験はガラッと変わります。

あわせて読みたい
ANKERのSOUNDCORE2をレビュー【小さいのに低音バッチリ・超便利】
AnkerのSoundcore2をレビュー【小さいのに低音バッチリ・超便利】 急遽小さなスピーカーが必要になり、モバイルバッテリーで有名なAnker製の「Soundcore2」というブルートゥーススピーカー...

スポンサーリンク



安くても大画面で迫力ある映像を楽しめる

気になるポイントは一通りお伝えしたので、ここからはDR.Jプロジェクターの良いところをお伝えしますね。

 

まずはなんといっても、これだけ安いのに大画面で迫力ある映像をしっかり楽しめるのが1番の魅力です。

きっと安いプロジェクターを探している人の大半は、

  • 大画面で映像や写真を観たい
  • 家で映画館気分を味わいたい
  • 家族みんなで映画を楽しみたい

こんなふうに思っているはずです。

高いスペックを求めるというよりは、「大画面で映画館のような迫力ある映像を体感したい」のではないでしょうか。

 

DR.Jのプロジェクターなら、その願いが8,000円以下で叶います。

4Kテレビに比べたら解像度や色味は全く太刀打ちできませんが、大きなスクリーンに投写された味がある映像はワクワク感が違います。

100インチ以上の大画面に映画を写した瞬間、「あぁ買ってよかった」と思うはずです。

プロジェクター初心者のぼくには、十分満足できるレベルでした。

コンパクトで軽いので持ち運びが苦にならない

先ほどもお伝えしたように、DR.Jのプロジェクターの重量は890g、サイズもiPadくらいなのでとってもコンパクトです。

そのため、持ち運びがとっても楽です。

固定して使うなら関係ありませんが、頻繁に移動したり持ち運ぶことを考えると、1kgを切る軽さと片手で持てるコンパクトなサイズ感は相当便利。

余裕で友達の家や実家に持っていけるサイズと重さです。

難しい設定はいらない・すぐ楽しめる

プロジェクター初心者の方のなかには、

プロジェクターって、設定とか面倒くさそう

と思っている人もいるかもしれませんが、DR.Jのプロジェクターは難しい設定がほとんど必要ありません。

 

基本的には、

  1. ケーブルを挿す
  2. 電源を入れる
  3. フォーカスとキーストーンを調整する

あとは入力元(HDMIとかVGAとか)を選べばOK。すぐに映画やドラマを楽しめます。

 

たぶん、手こずるとしたら「思うような位置(というか高さ)でなかなか固定できない」ことです。

例えば、

「本当はもっと高い位置に映像を投影したいのにプロジェクターの角度が足りない」

「プロジェクターを置く台の高さが足りない」

とかです。

 

なので、ぼくはこのようなスマホ用の三脚を購入して位置調整をしています。

ひとつ持っているとなにかと便利。amazonだと1,000円台で売っていました。

三脚はどんなものでもOKですが、購入する場合は耐荷重には注意してくださいね。(DR.Jプロジェクターの重量は890gです)

スポンサーリンク



DR.J プロジェクターはどんな人におすすめできる?

というわけで、DR.J プロジェクターの良いところ・気になるところをお伝えしました。

 

我が家では、週2〜3くらいで映画を観たり、大画面で好きなアーティストのライブを見たりレース観戦をしています。

100インチを超える映像はやっぱり迫力が違います。買ってよかった( ´・ᴗ・` )

 

小さな気になる点はありますが、この値段で映画館のような迫力ある映像を体感できるなんてコスパ良すぎです。

  • 手軽に映画館気分を味わいたい
  • 初プロジェクターに何万円もかけたくない
  • 安くても迫力がある映像を体感したい

という人にはおすすめできるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Yuki
Yuki
プロジェクター選びの参考になれば嬉しいです!