メンズコスメ

1年以上使ったバルクオムとZIGENを比較してみた【泡立ち・洗い心地・保湿・コスパ】

ゆき
ゆき
こんにちは!この記事は、YUKITABI運営者のゆきがお送りします!

 

バルクオムとZIGEN、どっちが良いんだろう!?

このように悩んでいませんか?

どちらもネットでよく見かけるメンズコスメブランドなので迷いますよね。

 

この記事では、1年以上バルクオム、ZIGENを使った経験をもとに、どっちが良いか?おすすめできるか?徹底比較してみました。

ちなみにぼくのスペックはこんな感じ。

  • 30代中盤
  • セラピストの妻の影響でメンズコスメに目覚める
  • 気になるのは肌荒れと乾燥
Yuki
Yuki
個人的な感想になりますが、少しでも参考になれば嬉しいです!

いきなり結論【バルクオムとZIGENなら「バルクオム」がおすすめ】

最初に結論ですが、バルクオムかZIGEN、どちらかを選ぶとしたら、、、

ぼくは「バルクオム」を選びます。

 

ZIGENも良いメンズコスメですが、

  • 泡立ち・洗い心地
  • 化粧水の保湿力
  • コスパ

を考えると、バルクオムに軍配が上がるからです。

実際、ぼくが使い続けているのもバルクオムでして、肌の調子が良い。そして、
毎日のスキンケアが楽しいです。

 

また、バルクオムは、初回たったの500円で「洗顔料」「化粧水」を試せるキャンペーンもやっているのでおすすめしやすいです( ´・ᴗ・` )

バルクオム公式通販>>
BULK HOMME

注意点:このキャンペーンは定期コースの申し込みです。ただ、いつでも解約はOK。2回目を受け取る前に解約をするとキャンセル料3,000円はかかりますが、2回目以降はキャンセル料など一切ナシです。

Yuki
Yuki
では、バルクオムとZIGENの詳しい比較を見ていきましょう!
  1. パッケージ
  2. 泡立ち
  3. 洗顔の洗い心地
  4. 潤い・保湿力
  5. コスパ

以上5つを比較していきます!

パッケージを比較【使いやすさはZIGEN・オシャレ度はバルクオム】

まずは、それぞれのパッケージを比較してみます。

実はパッケージって、

「使い心地(使いやすいか)」

「洗面所に置いておしゃれか」

「スキンケアのテンションが上がるか」

などを左右するので、割と重要な要素だったりします。

 

バルクオムは、ちょっと珍しい「パウチタイプ」。

 

対してZIGENは、よくある「チューブタイプ」。

全く異なるパッケージです。

 

使いやすさは、ZIGENの勝利

中身を出しやすいし、量が減っても自立するのでストレスなく使えます。

フツーな感じで使いやすい。

 

対してバルクオムは、お世辞にも使いやすいパッケージとは言えません。

とくに化粧水は適量が出しにくい。。。

別売りのボトルに移し替えて使うのが前提という気がします。

また、パウチタイプって量が減ると自立しないので、立てて置けず結構不便です。。。

 

パッケージデザインに関しては、どちらもシンプルで好印象ですが、バルクオムのほうがオシャレ度は高いと思います。

妻に聞いても、バルクオムのほうがオシャレに見えると言っていました。

女性受けが良いのはバルクオムですね。

  • 使いやすいパッケージは「ZIGEN」
  • オシャレなパッケージは「バルクオム」

泡立ちを比較【モコモコ弾力泡のバルクオムが最高】

続いては、洗顔料の泡立ちを比較してみます。

 

どちらも泡立てネットを使って泡立ててみると、、、

バルクオム洗顔料「THE FACE WASH」の泡立ちはこんな感じ。

 

ZIGENの洗顔料「フェイスウォッシュ」の泡立ちはこちら。

写真だとよくわからないかもしれませんが、バルクオムの泡のほうが、

  • 弾力あり
  • めっちゃ濃厚
  • フワッフワ

こんな感じです。

 

実は洗顔料の「泡」には、洗顔の摩擦刺激を和らげる働きがあります(泡が顔と手の間でクッションのような役割をはたすイメージ)。

顔をゴシゴシ洗うのはNGで、泡を転がすようにやさしく洗顔するのが正解。つまり、

  • 「泡立ちが良い」
  • 「ふんわりした弾力泡がつくれる」

こんな特徴をもつバルクオムのほうが、肌に優しい洗顔がしやすいです。

泡立ち モコモコ感 弾力
バルクオム
ZIGEN

余談ですが、先ほど紹介したバルクオムの500円キャンペーンには「特大の4層泡だてネット(単品で購入すると648円)」が付いてきます。

洗顔の洗い心地を比較【濃厚泡のバルクオム・スクラブ入のZIGEN】

次に「洗い心地」を比較してみます。

洗い心地は「泡」に大きく左右されるので、弾力があるモコモコ泡のバルクオムに軍配が上がります。

 

バルクオムは、洗顔フォームや石鹸とは異なり「生せっけん」をベースに作られています。

生せっけんというのは、各メーカーが特別な製法で作っている石鹸で、

  • 石鹸なのに固形ではない
  • 柔らかい質感をもっている
  • 天然成分が生きたまま熟成される

こんな特徴があります。

バルクオムの濃厚な泡は、洗い心地がめっちゃなめらか。洗顔が本当に気持ち良いです。

また、「低刺激」にこだわっているので、

  • 目の周りがしみにくい
  • 洗顔後つっぱらない
  • でも汚れはしっかり落ちる

こんな感覚があります。

はじめて「生せっけん」で洗顔する人は、弾力のある濃厚な泡にびっくりするはずです。

 

対してZIGENの洗顔料「フェイスウォッシュ」は、スクラブを配合しているのが特徴です。

スクラブというと「刺激が強い」「ゴロゴロする」というイメージがあるかもしれませんが、ZIGENに入っているのは、丸い形をしたマンナン(こんにゃくの成分)スクラブ。

ぼくはスクラブのゴロゴロ感が苦手ですが、全く気にならないレベルです。

 

正直バルクオムほど洗顔の気持ちよさはありませんが、皮脂汚れやベタつきをしっかり落としてくれます。

 

またZIGENは、保湿成分として有効な

「セラミド」

「コラーゲン」

「ヒアルロン酸」

などをしっかり配合しているので、とても高スペックな洗顔料ですよ。

===バルクオム===

  • 濃厚モコモコ泡で気持ちいい
  • 美容成分を贅沢配合
  • 毎日の洗顔が楽しみになる

===ZIGEN===

  • マンナンスクラブで汚れをしっかりおとす
  • 保湿成分を高配合

潤い・保湿力を比較【バルクオムもZIGENも保湿力は高いと思う】

潤い・保湿力に関しては、

  • バルクオムは「化粧水」
  • ZIGENは「オールインワンジェル」

このようにタイプが違うので比較が難しいところです。

ただ、どちらも潤い感はバッチリ。しっかり肌を保湿してくれます。

 

冒頭でも書いたように、ぼくは乾燥肌。とくに冬場は、頬のあたりが赤くなったり鼻や口周りがカサつくのが悩みです。

でも、バルクオムの化粧水を使えば乾燥がそれほど気にならないですし、ZIGENも潤い不足を感じることはありませんでした。

ジェルタイプよりも化粧水のサラッとした使い心地が好みなので、バルクオムの化粧水を継続していますが、ZIGENのオールインワンジェルも保湿力は十分だと思います。

  • バルクオムもZIGENも「保湿力は高い」
  • バルクオムは「サッパリ」
  • ZIGENは「しっかり」

コスパを比較【500円キャンペーンでバルクオムがお得・ZIGENも併せ買い割引アリ】

最後に、バルクオムとZIGENのコスパを比較してみます。

バルクオムとZIGEN、それぞれ内容量と価格はこんな感じ。(※以降クリーム色の枠内はすべて税込価格)

===バルクオム===

  • 洗顔料 100g 2,160円
  • 化粧水 200ml 3,240円

===ZIGEN===

  • 洗顔料 100g 2,200円
  • オールインワンジェル 100g 3,990円

 

洗顔料と保湿(化粧水・オールインワンジェル)を1本ずつ購入すると、総額は以下のようになります。

===バルクオム===
5,400円

===ZIGEN===
6,190円
2本併せ買い割引で5,660円

だいたい同じような値段ですね。

 

でも、バルクオムは初回500円のキャンペーンをやっているので、これを使うとバルクオムのコスパがめっちゃ良くなります。

キャンペーンの内容は、「洗顔料・化粧水の定期コースに申し込めば初回が500円になる」というものです。

  • 洗顔料 100g 2,160円
  • 化粧水 200ml 3,240円
  • 泡立てネット 648円

以上のセットが6,048円が「540円(送料無料)」になる

バルクオムはamazonやLOFTでも購入できますが、公式通販のこのキャンペーンが1番オトクです。

 

「定期コースは解約できない」「余計にお金がかかる」と思う人もいるかもしれませんが、定期コースの解約はいつでもOK。

2回目を受け取るまえに解約すると、キャンセル料金として3,000円(税込)かかってしまいますが、それでも十分お得になります。

2回目受け取り前にキャンセルした場合の総額

  • キャンセル料3,000円+初回540円
    3,540円

通常購入した場合の総額

  • 6,048円

仮にキャンセル料を払っても、実は2,508円オトク

解約もしつこい引き止めがあるわけではなく、ちゃんと対応してくれるので安心です。

あわせて読みたい
バルクオム洗顔料と化粧水の画像
バルクオムの肌活コースを休止してみた。解約・休止の方法と一部始終まとめ 近頃、東急ハンズやロフトなどでも見かけるようになったメンズコスメブランド「バルクオム」。 ぼくは半年以上、洗顔料と化粧水が...

ただ、初回500円のキャンペーンはいつ終了するか分かりません。

興味があれば、この機会に試してみてくださいね。

バルクオム公式通販>>
BULK HOMME

今回のまとめ【バルクオムとZIGENおすすめしたいのはバルクオム】

というわけでまとめです。

バルクオムとZIGENどちらかを選ぶとしたら、ぼくは「バルクオム」を選びます。

ZIGENも良いメンズコスメだと思いますが、バルクオムを推す理由は以下の通りです。

  • パッケージデザインがかっこいい
  • 泡立ちが良い
  • モコモコ濃厚な泡
  • 洗い心地なめらかで気持ちいい
  • 低刺激で肌に優しい
  • サッパリで保湿力が高い化粧水
  • 初回500円でコスパが良い

とくに、弾力があるモコモコで濃厚な泡は一度は体験すべき。

やみつきになるはずです( ´・ᴗ・` )

ぼくは毎日楽しくスキンケアを継続できているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

バルクオム公式通販>>
BULK HOMME

あわせて読みたい
バルクオムの洗顔料『THE FACE WASH』レビュー!1年使った感想まとめの画像
バルクオムの洗顔料『THE FACE WASH』レビュー!1年使った感想まとめ バルクオムの洗顔料「THE FACE WASH」を使い始めて1年が過ぎました。 同じ洗顔料を1年も使うのは、ぼくに...
あわせて読みたい
肌に優しいメンズ化粧水を探しているならバルクオムのTHE TONERがおすすめ ネットで見つけて使いはじめたバルクオムの化粧水「THE TONER」。 最初は「お試しで...」と思っていましたが...
あわせて読みたい
ぼくが感じたバルクオム肌活コース(定期コース)のメリットとデメリットの画像
ぼくが感じたバルクオム肌活コース(定期コース)のメリットとデメリット 最近、窪塚洋介さんをモデルに起用して話題になっているメンズコスメ「バルクオム」。ぼくは半年くらい前から、バルクオムの肌活コース(...