道具

ノースフェイスのダウンカーディガンがオシャレで快適【ウインドストッパーゼファーシェル最強説】

ゆき
ゆき
こんにちは!この記事は、YUKITABI運営者のゆきがお送りします!

 

今回は、ザ・ノースフェイスの定番アウターになりつつある「ウインドストッパーゼファーシェルカーディガン」をレビューします。

レビューとか言いながら、購入したのは3年前でして、、、

実は3年間ずっと、「秋冬のメインアウター・インナーダウン」として愛用しています。

最初に言ってしまいますが、このダウンカーディガン、

  • 「着心地が良く暖かい」
  • 「軽くて楽々持ち運べる」
  • 「オシャレの幅が広がる」

このように三拍子揃った商品で、めちゃめちゃおすすめ。

「もし駄目になったらまた同じものが欲しい」と思うくらい気に入っています。

 

そんなわけでここからは、ザ・ノースフェイス「ウインドストッパーゼファーシェルカーディガン」の

  • スペックやディテール
  • 3年使って良いなと思うポイント
  • どんな人におすすめできるか

以上3つをお伝えします。

Yuki
Yuki
もしもダウンカーディガンやダウンアウター・インナーを探していたら、参考にしてください!

ノースフェイスのダウン【ウインドストッパーゼファーシェルカーディガンのスペック&ディテール】

では最初に、ウインドストッパーゼファーシェルカーディガンのスペックやディテールを見ていきましょう。

引用画像:THE NORTH FACE公式サイト

カラーはシーズンごとに変わるようですが、2019年の色は以下の3種類。

  • ブラック
  • チップブラウン
  • ピート

チップブラウンは、少し赤みがかった茶色で、ピートはアッシュ(灰色)みたいな色です。

 

ぼくが購入したのは定番カラーと言える「ブラック」です。

ブラックはどんな服にも合わせやすく引き締まって見えるので、個人的には1番おすすめです。

 

サイズは、メンズ、レディース共に「S」「M」「L」「XL」の4種類。ちなみにぼくは177cmの痩せ型ですがLサイズを着ています。

 

表地は、GORE-TEX Infiniumというナイロン素材。

ご存知の方が多いかもしれませんが、GORE-TEXの特徴は「防水透湿機能」。

外側からの水は通さず、内側の水蒸気(汗など)を逃してくれるスゴい素材ですね。

さらに、WINDSTOPPERという素材が使われていて、防風性まで備わっています。

 

中わたには、「CLEANDOWN光電子」と呼ばれるダウンを使用。

遠赤外線効果で保温性を高め、自然な温かさを感じることができます。

 

手首まわりもこのようにゴムが入っているので、シュッと締まって風が侵入しません。

 

重さは、メンズのLサイズで約305g。

一般的な文庫本はだいたい1冊150gらしいので、文庫本2冊分ぐらいの重さですね。(わかりにくいかもしれませんが、むっちゃ軽いです)

 

ポケットは左右に腰ポケットが2つ、左側のポケットには内ポケットも装備しています。

内ポケットには、付属しているスタッフサック(折りたたみ収納用の袋)を入れておくと便利です。

 

また、メンズモデルは左胸にもポケットがあり、小さな財布やパスケース、AirPodsやイヤホンなどが収納できるくらいの大きさです。

 

ウインドストッパーゼファーシェルカーディガンの型番は以下の通りです。

  • メンズ ND91962
  • レディース NDW91961

最後に主なスペックをまとめておきますね。

表地 GORE-TEX Infinium™
WINDSTOPPER® Insulated Shell(2層)
(表:ナイロン100%、裏:ePTFE)
中わた CLEANDOWN®光電子®
(ダウン72%、レーヨン 20%、フェザー 8%)
裏地 Nylon RipStop(ナイロン100%)
ブラック、チップブラウン、ピート
原産国 中国
価格 30,800円(税込)

スポンサーリンク



ノースフェイス・ウインドストッパーゼファーシェルカーディガンの良いところ【ダウンカーディガン最強の理由】

Yuki
Yuki
では、ぼくが3年間愛用して感じた、ウインドストッパーゼファーシェルカーディガンの良いところ・気になるところをお伝えしていきます。
  • 薄いのに温かい・着心地が快適
  • 軽くて持ち運びが楽々
  • 高級感がある見た目で満足度が高い
  • オシャレに着こなせる・着こなしの幅が広がる

薄くて温かい・快適な着心地が手放せなくなるダウンカーディガン

まずは、薄いのに温かい、着心地がめっちゃ快適だということです。

秋冬のアウターって、保温性を確保するために分厚くなりがちです。

モコモコして動きづらかったり、着太りして見えますよね。

 

その点ウインドストッパーゼファーシェルカーディガンは、とても薄いのに保温性が高く、サラッと羽織れて着心地も快適です。

  • 秋から初冬 半袖orカットソーに羽織る
  • 初冬から冬 中を着込んで羽織る
  • 真冬 インナーダウンとして使える

このように秋冬は本当に重宝します。

さすがに冷え込みが厳しい1月〜2月は1枚だと寒いですが、インナーを重ね着をすれば割と大丈夫です(ぼくは関東在住です)。

 

スペックの章でもお伝えしたように、風を通さないWINDSTOPPER素材を使っていたり、クリーンダウン光電子というダウンを使っているので、見た目以上にとても温かいんですよね。

さらに、GORE-TEXのおかげで中が蒸れにくいのも嬉しいポイントです。

Yuki
Yuki
薄いのに温かく快適な着心地は、一度着たら手放せないと思います!

軽くて持ち運びが楽々【ダウンカーディガンは旅にも使える

続いて、軽くて持ち運びが楽々なところもウインドストッパーゼファーシェルカーディガンの良いところです。

秋冬は外出先でアウターを脱いで持ち歩いたりすることも多いですが、重いアウターだと苦痛ですよね。

ぼくは以前、肉厚で重量感たっぷりのモッズコートを着ていましたが、肩凝りに悩まされて非常にストレスでした(笑)

 

ダウン素材のウインドストッパーゼファーシェルカーディガンは、重量約300g。とにかく軽い!

ぼくのは測ってみたら280gでした。

持ち運びが全くと言っていいほど苦になりません。

 

さらにスタッフサックが付属しているので、折りたたんで簡単に収納できるのも嬉しいポイントです。

まずはこのように4分の1くらいに折りたたんで、、、

 

クルクル丸めて片手に収まるくらいにします。

 

あとはスタッフサックに押し込めば完成。

 

外出先で暑くなったら折りたたんでリュックやバッグに入れておけますし、逆に寒くなったらサッと取り出して羽織ることが出来てとても便利。

旅行や出張に行くときもかさばらないので本当に重宝します。

 

もう何度となく収納を繰り返していますが、表面のシワなども気になりません。

Yuki
Yuki
持ち運びが本当に便利なので、「軽い」は「正義」だなぁと思います。

スポンサーリンク



高級感があり満足度が高い

個人的には、高級感がある見た目も気に入っています。

 

今って、リーズナブルに買えるダウンカーディガンがたくさんありますよね。

ユニクロでは、5,000円程度で買えたりもします。

確かにコスパや実用性はいいと思いますが、なんとなく安っぽく見えたり、「これがほしい!」と心がワクワクしないんですよね。。。

 

一方ウインドストッパーゼファーシェルカーディガンは、

艶消しのマットな生地で高級感があり

触り心地もサラッとしていて「イイ物感」が漂っています。

「これを着て歩きたい!」と思える魅力があります。

 

また、THE NORTH FACEのロゴが同色でプリントしてあったり、

 

ボタンもTHE NORTH FACEのオリジナルだったり、凝った作りで◎。

Yuki
Yuki
お値段に見合う「高級感のある見た目」は、着ていて満足度が高いです!

スポンサーリンク



オシャレに着こなせる・着こなしの幅が広がる

最後にお伝えする良いところは、オシャレに着こなせる・着こなしの幅が広がるということです。

ノースフェイスのウインドストッパーゼファーシェルカーディガンは、インナーに着る洋服次第でいろいろなオシャレが楽しめます。

 

例えば、ラウンドネックのカットソーやTシャツをあわせるとこんな感じ。

ネック部分がスッキリしてアクティブな印象を演出できます。

 

カットソーや半袖が肌寒くなってきたら、モックネックやタートルのカットソーやセーターを着るのもおすすめです。

 

ネック部分の差し色を変えてオシャレを楽しむこともできます。

首元にモックネックやタートルが覗かせるだけで、だいぶ印象が変わります。

 

個人的に1番気に入っているのは、インナーにシャツをあわせる着こなし。

こんなふうにシャツのカラー(襟)部分を出すことで、ちょっと大人な雰囲気を演出できます。

デニムシャツと相性が良い( ´・ᴗ・` )

 

あとは、パーカーの上に羽織ってもOK。

スポーティーでラフな印象になるので、リラックスした休日のお出かけにピッタリのスタイルです。

 

このようにダウンカーディガンが1枚あれば、いろいろなオシャレを楽しめます。

とくにノースフェイスのウインドストッパーゼファーシェルカーディガンは、あまり主張しないシンプルなデザインなので、どんな服にも合わせやすく、着こなしの幅がドンと広がりますよ。

Yuki
Yuki
秋冬にオシャレを楽しみたい人にもおすすめできるアウターです!

スポンサーリンク



ウインドストッパーゼファーシェルカーディガンの気になるところ

最後に「気になるところ」ですが、決定的に「ここが駄目!」「これはちょっと…」と思うところはありません。

 

強いていうなら、

  • 歩いているときに生地が擦れる音が多少気になる
  • 割と値段が高い(30,800円税込)

この2つが気になる程度です。

このダウンカーディガンに限ったことではありませんが、表地がサラッとしたナイロン素材なので、歩いていると「スッ、スッ、スッ」と生地が擦れる音がします。

ぼくは普段そこまで気にしていませんが、静かな場所を歩くと多少気になるかもしれません。

 

また、値段は30,800円(税込)とお高めなので、「もう少し安ければいいのに」とは思います。

ただ、ノースフェイスならではの機能性と3年使ってもメインアウターとして大活躍する耐久性を考えると、お値段に見合う価値はありますね。

 

ちなみに、THE NORTHFACEの公式通販や店舗で購入するのも良いですが、タイミング次第では、楽天やAmazonだとポイントがついたり割引していることもあります。

購入する場合は、チェックしてみても良いかもしれません。

おしゃれで快適なダウンカーディガンを手に入れて寒い季節を乗り切ろう

というわけで、ノースフェイス「ウインドストッパーゼファーシェルカーディガン」のレビューをお届けしました。

このダウンカーディガンを一着持っていれば、メインアウター・インナーダウンとして秋冬は大活躍ですし、流行り廃りがないシンプルなデザインなのでずっと愛用できます。

旅行や持ち運びにも便利、しっかりオシャレもできるので、個人的には買って損がない「最強のアウター」だと思っています。

「着心地が良く暖かいダウンカーディガンを探している」

「軽くて楽々持ち運べるアウターがほしい」

「冬もオシャレを楽しみたい」

こんな人にはおすすめできるので、気になる方はぜひ試してみてください。

Yuki
Yuki
おしゃれで快適なアウターを手に入れて寒い季節を乗り切りましょう!
あわせて読みたい
ノースフェイスの冬スニーカー「ヌプシトラクションライトチャッカWP」が快適すぎた
ノースフェイスの冬スニーカー「ヌプシトラクションライトチャッカWP」が快適すぎた話 『冬に履ける温かくてオシャレな靴がほしい』 こんなふうに思っているなら、ノースフェイス(THE NORTH FAC...