マインド

【眠れない夜はコレ】時間を無駄にしない暇つぶしをまとめてみた

【眠れない夜はコレ】時間を無駄にしない暇つぶしをまとめてみた
ゆき
ゆき
こんにちは!この記事は、YUKITABI運営者のゆきがお送りします!

 

この記事を読んでいるということは、

全然眠れない。。。
どうやって暇つぶしをしよう

このように悩んでいるのではないでしょうか?

眠れないのにベッドや布団でじっとしているのは苦痛ですよね。。。

 

ぼくは定期的に眠れない日があるので、「この時間を有効活用できないかな」と試行錯誤してきました。

その結果たどり着いたのが、今回ご紹介する「なるべく時間を無駄にしない4つの暇つぶし」です。

具体的にはこんな感じ。

  • ゆっくりお風呂に入る
  • 思っていることを書き出す
  • 寝たままストレッチをする
  • 聴く読書をする

暇つぶしといえば、スマホで映画やドラマを見たりゲームが定番だと思いますが、それだと目が冴えちゃいますよね。逆効果な気がします。。。

なのでぼくは、「眠りやすくなる&時間も無駄にしない」そんな暇つぶしを提案します。

Yuki
Yuki
ぼくはこれで眠れない夜を乗り切っているので、ぜひ試してみてください。

眠れない夜はゆっくりお風呂に入って暇つぶし【気持ちをリセット】

眠る直前にお風呂に入った人にはあまりおすすめできませんが、、、

例えば、

  • いつもシャワーで済ませている
  • めんどくさいからそのまま寝てしまった
  • 眠るだいぶ前にお風呂に入った

こんな場合は、いっそのことベッドから出て、ゆっくりお風呂に入るのはいかがでしょうか?

シャワーじゃなくて、しっかり湯船につかるのがポイントです。

お風呂を暇つぶしにすれば、それだけで体が温まり、心身ともにリラックスできます。

別に何かをするというわけではありませんが、お風呂ってボーッとしているだけで気持ちいいですよね。

「眠れない暇つぶしに体をメンテナンスする」って感じです。

 

そもそも眠れない夜は、自律神経のバランスが乱れているケースが多いと言われています。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に分けられますが、「交感神経」の働きが強すぎると体はアクティブな状態になってしまいます。

逆に「副交感神経」が働くと、心拍数が下がってリラックス状態になります。

お風呂は血行がよくなるので「副交感神経」が働きやすくなります。

つまり、お風呂に入ることで体はリラックス状態になり眠りやすいというわけです。

ちなみにお風呂の温度は、36度〜40度が理想と言われています。

 

ぼくは20分くらいお風呂で過ごしたあとは、案外スーッと眠れます。

ベッドの中で「眠れないなぁ」とモヤモヤしているよりは、気持ちがリフレッシュできておすすめですよ。

スポンサーリンク



思っていることを書き出して暇つぶし【眠れない原因が不安の場合】

眠れない夜って、なにか「不安」や「悩み事」を抱えていることが多いですよね。

もしくは、「悩みというわけじゃないけど、いろいろ考えてしまう⇒だから眠れない」なんて人もいるはずです。

そんなときにおすすめしたいのは、自分が思っていることを書き出す作業です。

不安なこと、悩んでいること、今考えていることをノートや紙切れなどに書き出してみてください。

今日嫌な思いをしたなら、

  • 「〜がマジで嫌だった」
  • 「なんであんなことできるのか本当わからん」
  • 「絶対にゆるせない」

など、思ったままの感情をどんどん書いていきます。

誰に見せるわけでもないので、正直な感情を吐き出してみてください。

書いているうちに、気持ちが落ち着いてきて、「気付き」や「ポジティブな感情」が湧いてくることもあります。

 

ぼくはこれを暇つぶしにやることで、

  • ストレスが解消できる
  • 頭が整理できる
  • 気持ちが落ち着きを取り戻せる

その結果、眠りやすくなると感じています。

 

実は自分の思ったことや感情を紙にババっと書き出す方法は、エクスプレッシブライティングと言われています。

メンタリストDaigoさんが言っていたと思うのですが、これを毎日8分間やるだけで効果があるみたいです。

個人的におすすめしたいのは、罫線などがない真っ白な紙やノートを用意しておくことです。

そのほうが、自由に感情をぶちまけられる気がするので良いんじゃないかなと思っています。

眠れない夜は、自分と向き合う良い機会かもしれませんね。

スポンサーリンク



寝たままストレッチで暇つぶし【眠れない夜は自律神経を整える】

ここからは、「眠れないけどベッドからは出たくない」「できれば横になったままがいい」という方におすすめの暇つぶしです。

 

ぼくが最近取り組んでいるのが、寝たままストレッチ(ヨガ)です。

寝たままストレッチってなにかというと、横になったまま行う「ストレッチ」や「ヨガ」のことですね(そのままです)。

ストレッチやヨガをやると、お風呂と同様に自律神経が整いやすくなります。

さらに、寝たままとはいえストレッチやヨガって案外いい運動です。

終わったあとは、心地良い疲れでリラックス状態になれて眠りやすいです。

 

どうやって寝たままストレッチ・ヨガをやるかですが、YouTubeで「寝たままストレッチ」で検索すればOK。

ぼくはこの動画を見ながらストレッチをしています。

 

動画のコメントには、体が硬すぎて逆にリラックスできないというコメントもありますがやっていくうちに徐々に慣れていきます。

たしかに体が硬いとキツイのですが、一通り終わったあとはリラックスできますよ。

まあそういう意味では、「眠れないからやる」というよりは、今日を機に「眠る前の習慣」にしたほうがいいかなと思います。

スポンサーリンク



眠れない夜は聴く読書で暇つぶし【知識が増えて時間を無駄にしない】

暇つぶしをしたいけど、
起き上がるのはめんどくさい。。
目はつぶったままがいい

こんな方にもっともおすすめできるのは、聴く読書です。オーディオブックってやつですね。

最近はYouTubeにもいろいろな学習系動画がアップされているので、別にYouTubeでもオーディオブック的なことはできます。

でも、有料プランに入らないと途中で広告が流れたりするし、アプリを切り替えると再生が止まってしまいます。

動画を流しっぱなしになるので、電池の減りも早いんですよね。。。

 

それに比べてオーディオブックは、スマホ画面をスリープした状態で聴けるし、広告で邪魔もされません。

読みたい本を集中して聴けるので眠れない夜の暇つぶしにもってこいです。

ナレーターの声質で好き嫌いはあると思いますが、みなさんプロ?なので割と心地よい声が多いのでリラックスもできます。

ビジネス書なら眠れない夜も知識が身につきますし、物語系なら目を閉じているほうが没頭できます。

オーディオブックのアプリにはタイマー機能もついているので、電池を無駄に消費しなくて済みます。

 

難点をあげるとすれば、知らないうちに眠ってしまうので、どこまで聴いたか分からなくなることですね。。。

なかなか一冊を聴き終わらない(笑)

 

聴く読書(オーディオブック)といえば、

が有名ですが、ぼくはAmazonがやっている「Audible(オーディブル)」を使っています。

月額1,500円のサービスですが、30日間の無料体験があるので興味があれば試してみてください。

Audible
無料体験ページ >>

時間を無駄にしない!眠れない夜の暇つぶし:まとめ

いかがでしたか?

眠れない夜の時間を無駄にしない暇つぶしを紹介しました。

起き上がっても良いのなら、

  • ゆっくりお風呂に入る
  • 思っていることを書き出す

横になったまま暇つぶしをしたいなら、

  • 寝たままストレッチをする
  • 聴く読書をする

こんな感じでやってみてください。

ぼくは昨日嫌なことがあって眠れなかったので、思っていることを書き出してからオーディオブックを聴いて暇つぶしをしました。

そしたらいつの間にか寝てました(笑)

Yuki
Yuki
眠れない夜は、体にやさしく時間を無駄にしない暇つぶしをしましょう。
今回は以上です!