メンズコスメ

【男も唇が汚いのはNG】カサカサに荒れた唇にならないための注意点

【男も唇が汚いのはNG】カサカサに荒れた唇にならないための注意点
ゆき
ゆき
はじめまして!メンズコスメ好きの管理人「ゆき」です!
乾燥して唇がカサカサ
荒れて汚い。。。

このようにお悩みではありませんか?

男性でも唇が汚いのは嫌ですよね。

ぼくも肌が乾燥するタイプなので唇も例外ではありません。。。

 

そこで今回の記事では、カサカサに荒れた汚い唇にならないための注意点をまとめてみました。

  • 乾燥しない環境づくりが基本
  • 1日1食はバランスの良い食事を摂ることからはじめる
  • 体をしっかり休めることも大切
  • 肌に優しい成分のリップクリームを使う
Yuki
Yuki
唇のケアに悩んでいる男性は参考にしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いているぼくは、美容セラピストの妻に影響されてメンズコスメ好きになった30代。

いろいろなメンズコスメを試してレビューしています!

【汚い唇は意外と目立つ!?】他人は唇は見ているかもしれない

ところで、顔のパーツで最も印象的なのは何だと思いますか?

1番は「目」。その次は「口(唇)」や「鼻」ではないでしょうか?

きっとあなたも、人と話すときは「目」をずっと見ているのはしんどいと思います。

唇のあたりに視線を落とすのではないでしょうか?

また、相手が話す内容をきちんと聞き取るときは、唇の動きをチェックするはずです。

つまり「唇」は、なにげに良く見られるパーツなんです。

 

男性にしてみると、とくに女性の視線は気になりますよね。

この人、唇が乾燥して
カサカサじゃん。。。

と思われたら嫌ですよね、やっぱり。

できることなら、「唇がきれいで素敵」と思われたいはずです。

 

なので、男性でも唇のケアはとても大切。第一印象を大きく左右すると言っても過言ではありません。

【なぜ唇はカサついたり荒れるの!?】5つの唇が汚くなる原因

Yuki
Yuki
それでは次に唇が汚くなる5つの原因をお話していきます!

実は「唇」は、顔のなかでも繊細なパーツだということをご存知でしょうか?

繊細なだけに、環境や体調の変化が現れやすい部分とも言えます。

唇が汚くなるのは原因があるので、一緒にチェックしていきましょう。

  1. 乾燥
  2. 偏った食生活
  3. 睡眠不足や体調不良
  4. 過度な刺激
  5. リップクリームの塗りすぎ

乾燥によって唇が汚くなる

唇が汚くなる主な原因のひとつは、「乾燥」です。

例えば、

  • 暖房やエアコンをつけている
  • 口で呼吸している
  • 唇を舐めてしまう
  • 水分をあまり摂らない

このような場合は、唇が乾燥しやすくなります。

乾燥すると皮膚の水分量が減り、カサつきや肌荒れにつながるわけです。

とくに湿度が低い環境は乾燥しやすくなるので、冬に唇のカサつきや肌荒れが悪化する人は多いはずです。

食生活が偏ることで唇が汚くなる

実は「偏った食生活」も唇が汚くなる原因のひとつと言われています。

健康な肌をつくるには、ビタミンやたんぱく質をはじめとした様々な栄養素が必要です。

偏った食生活をしていると、こうした栄養素が不足しがちになります。

その結果、唇や肌にトラブルが起きてしまうケースもあります。

 

また、辛いものや刺激物を食べたり飲んだりした場合もデリケートな部位である唇は荒れやすくなります。

とくに男性は、

  • ひとり暮らしで
    食事が偏りやすい
  • お酒や刺激物が好き

という人が多いと思うので、注意すべきポイントと言えます。

睡眠不足や体調不良によって唇が汚くなる

3つ目の原因は、睡眠不足や体調不良です。

先ほどもお話したように、唇はとても繊細なパーツです。

外側は表皮型ケラチンと呼ばれる「皮膚と同じようなもの」で出来ていて、内側は粘膜型ケラチンと呼ばれる「粘膜のようなもの」で出来ていて複雑です。

そのため、通常は肌に備わっているはずの

  • 皮脂腺(皮脂を分泌する)
  • 汗腺(汗を分泌する)

がありません。

つまり、水分を保ちにくい構造になっています。

さらに代謝も早いため、唇はダイレクトに体調の悪さや偏った食生活、環境変化の影響が現れやすいんですね。

そのため、

  • 睡眠不足
  • 過労
  • 偏った食生活
  • 環境の変化

などが原因で唇が汚くなってしまう可能性は大。

例えば、口内炎ができたり、唇が青白くなるのは誰もが経験しているはずです。

唇をきれいにするには、体調管理に気をつけることも大切です。

過度な刺激が唇を汚くする

過度な刺激も唇が汚くなる原因と言えます。

あまり意識していない男性は多いかもしれませんが、例えば、

  • 歯磨きのとき刺激を与えている
  • 鼻をかむときにティッシュがこすれている
  • 辛いものや刺激物を毎日食べている

など、唇に刺激を与える行動が、カサつきや肌荒れの原因になる場合もあります。

とくに「強い摩擦」は、肌の表面が傷ついて唇荒れや乾燥を加速させてしまいます。

日常の思いがけない行動が唇のトラブルを誘発する可能性があることも頭の片隅に置いておきましょう。

リップクリームの塗り過ぎが唇を汚くしている

最後の原因は、リップクリームの塗りすぎです。これは盲点ではないでしょうか?

一般的に市販されているリップクリームは、ベース原料に「石油化学物質」を使っています。(ワセリンなど)

この石油化学物質には、

  • リップクリームが
    落ちにくい
  • 保護力が強い

などのメリットもある反面、実はデメリットもあるんです。

それは、リップクリームを塗りすぎると唇の代謝に影響が出て、自ら潤う力が弱くなってしまうと言われています。

つまり、リップクリームが塗られていることがデフォルトになり、リップクリームなしではダメな唇になってしまうイメージです。

もちろん、リップクリーム自体がダメというわけではありません。

ただ、過度に塗りすぎてしまうのも、唇にとって良いとは言えないということです。

 

石油化学物質は、本来は唇には必要がない成分です。こうしたマイナス要素があることも知っておくと良いかもしれません。

【汚い唇をきれいにするにはどうする?】おすすめの対処法

では、汚い唇をきれいにするにはどうしたら良いのでしょうか?

それは、ここまでチェックしてきた「唇が汚くなる原因」を取り除いてあげれば良いんです。

この5つですね。

  1. 乾燥
  2. 偏った食生活
  3. 睡眠不足や体調不良
  4. 過度な刺激
  5. リップクリームの塗りすぎ

乾燥しない環境づくりが基本

まずは、なるべく乾燥しない環境づくりが基本です。

エアコンや暖房器具を使う場合は、

  • 加湿器で保湿をする
  • 水分をこまめに採る
  • 温度を上げすぎない

このような対策をしましょう。

唇だけではなく、顔や体の乾燥対策、風邪予防にもなります。

日差しのイメージ画像

また、実は「紫外線」も肌の乾燥を悪化させます。

夏はなるべく日陰を歩いたり日傘を差すようにして、長時間日光に当たらないようにするのもポイントですね。

1日1食はバランスの良い食事を摂ることからはじめる

次に大切なのは「栄養が偏らない食事」です。

とは言え、あまりに気にしすぎてもストレスのもとになるので、

「1日1食は必ずバランスの良い食事を摂る」

といった目標からはじめるのがおすすめです。

バランスの良い食事は突き詰めると大変なので、「定食系の和食」をイメージすればひとまずはOKではないでしょうか。

魚や野菜、ごはん、味噌汁といった定番の日本食ですね。

もう少し具体的に言えば、「ビタミンB2」の不足は皮膚に悪いとされるので、

  • レバー
  • 納豆
  • たまご

などの食材を意識的に摂るようにしてみてください。

また、唇の荒れや乾燥が気になるなら、辛いものや刺激物の飲食は控えたほうが無難です。

体をしっかり休めることも大切

もしも睡眠不足や疲労があるなら、体をしっかり休めることも大切です。

言うまでもありませんが、唇も「肌」の一部です。

肌は、ターンオーバー(新陳代謝)をすることで健康を保っています。

そのターンオーバーが活発に行われるのは、睡眠中です。

とくに睡眠から3時間くらいが「お肌のゴールデンタイム」と言われているんです。

 

つまり、睡眠不足は肌の大敵。唇をきれいにするには、しっかり睡眠を取って自己回復力を高めるようにしましょう。

肌に優しい成分のリップクリームを使う

そして、肌に優しい成分が配合されたリップクリームを使いましょう。

すでにリップクリームを使っている人がほとんどだと思いますが、成分をチェックして自然由来成分が高配合されたものを選んでみてください。

例えば、

  • ミツロウ
  • オリーブ油
  • アボカド油
  • ヒマシ油

などの自然由来の美容成分です。

もちろん、「自然由来なら100%良い」とは言い切れませんが、唇に直接塗るものなので、肌に優しい成分を選んだほうが安心です。

唇荒れや乾燥が気になるなら、リップクリームを見直してみるのがおすすめです。

 

ちなみにぼくは最近、海外コスメの「マジックオーガニックリップバーム」という自然派リップクリームを使っています。

原材料は以下のとおりシンプルで、99.9%が天然成分で作られています。

アボカド油、ミツロウ、ホホバ種子油、香料(植物由来)、アサ種子油、ビタミンE

そして、オーガニックの割にはコスパもよく重宝しています。

普段男性はあまり成分などは見ないかもしれませんが、肌にやさしい成分で製造されたリップクリームはやはり使い心地も良いです。

気になるかたは試してみてくださいね。

【まとめ】カサカサに荒れた汚い唇にならないための注意点

いかがでしたか?「カサカサに荒れた汚い唇にならないための注意点」をお伝えしました。

繰り返しになりますが、まずは以下の5つの「唇が汚くなる原因」を取り除くことが大切です。

  1. 乾燥
  2. 偏った食生活
  3. 睡眠不足や体調不良
  4. 過度な刺激
  5. リップクリームの塗りすぎ

きちんとケアをすれば、唇荒れや乾燥を軽減することはできるので試してみてください。

汚い唇とはおさらばしましょう。

Yuki
Yuki
なにかひとつでも参考になれば、僕も嬉しいです!
男性におすすめできる洗顔料&化粧水3選

洗顔料や化粧水選びでお悩みではありませんか?

様々なメンズコスメをレビューしている管理人が

  • 泡立ちが良いか
  • 肌に優しい成分を配合しているか
  • 保湿力は高いか
  • パッケージデザインが優れているか

を基準に、メンズ洗顔料&化粧水を3つ厳選しました。

本当におすすめできる商品をまとめたのでチェックしてみてください!

メンズ洗顔料&化粧水
ベスト3をチェック