メンズコスメ

メンズのための洗顔方法をまとめてみた【肌にやさしい洗顔の仕方でスキンケア】

メンズのための洗顔方法をまとめてみた【肌にやさしい洗顔の仕方でスキンケア】
ゆき
ゆき
はじめまして!メンズコスメ好きの管理人「ゆき」です!

この記事を読んでいるということは、

迷えるクマ
迷えるクマ
洗顔って
どうやったらいいの!?
正しい洗顔方法を教えて!

このように悩んでいるのではないでしょうか?

スキンケアがしたくても、洗顔の仕方に自信がない男性は多いはずです。

もしかすると、何気なく行っている洗顔方法が間違っていることも。。。

 

そこで今回の記事では、「メンズのための肌にやさしい洗顔方法」をまとめました。

  • 洗顔が必要な理由
  • おすすめできる洗顔料

についても解説していきます。

Yuki
Yuki
参考にしてもらえると嬉しいです!

この記事を書いているぼくは、美容セラピストの妻に影響されてメンズコスメ好きになった30代。

いろいろなメンズコスメを試してレビューしています!

【洗顔が必要な理由】皮脂や汚れをしっかり落とすことにアリ

まずは、洗顔が必要な理由(目的)について知っておきましょう。

それはズバリ、「皮脂や汚れを落として清潔な肌を保つため」です。

まあ、当たり前と言えば当たり前ですよね。

 

では、どうして皮脂や汚れを落とす必要があるのでしょうか?

単純に

「ベタベタして気持ち悪い」

「スッキリしたい」

「不潔だから」

という理由もありますが、もっとも大きな理由は、皮脂汚れが肌に悪さをするからなんです。

実は、肌に残った皮脂が酸化すると「過酸化脂質」という物質に変わります。

この「過酸化脂質」は、あらゆる肌トラブルの原因になると言われています。

例えば、

  • 活性酸素を発生⇒肌老化につながる
  • メラニン色素を発生⇒シミになる
  • 毛穴づまり⇒ニキビ・吹き出物など

まさに肌トラブルの元凶と言えるんです。。。

そのため皮脂は、洗顔で定期的に落とす必要があるんですね。

皮脂は敵でもあり味方【肌にやさしい適度な洗浄力の洗顔料が理想】

ただし、皮脂は100%悪者というわけではありません。

皮脂には、

  • 肌の潤いを守る
    (水分蒸散を防ぐ)
  • 細菌の侵入を防ぐ

こんな役目もあるので、肌には必要な成分です。

もしも全く無くなってしまったら、肌に悪影響が出てしまいます。

 

なので、皮脂を取るにしても洗顔のしすぎはNG。通常は朝夜の2回洗顔をするのがベストです。

もしかすると、

「肌がギラギラする」

「皮脂分泌がすごい」

という男性は、洗顔回数を増やしたり、フェイスシートなどで何度も脂をとってしまうかもしれません。

でも、体は「適度に皮脂がある状態」を保とうとするので、

  1. 皮脂を根こそぎ取る
  2. 体は皮脂分泌をがんばる
  3. 皮脂を根こそぎ取る
  4. 体は皮脂分泌をがんばる

こんなループが生まれ、やがては常に皮脂分泌が活発な状態になってしまうかもしれません。

なので、洗顔のしすぎには注意してくださいね。

※あまりに皮脂分泌が多かったりニキビが治らない場合は、皮膚科を受診してみることをおすすめします。

【洗顔方法はこれでOK】男性のための肌に優しい洗顔の仕方

Yuki
Yuki
ではここからは、肌に優しい洗顔方法を解説していきます!

洗顔方法の大切なポイントは以下の3つです。

  1. 肌に負担をかけない
  2. 泡をころがして洗う
  3. しっかり泡を洗い流す

これは男女限らずですが、顔の肌はとてもデリケートです。

なので、顔をゴシゴシこするように洗うのはNG。摩擦や余計な刺激をかけないようにします。

「優しくソフトに」を心がけましょう。

 

そして、優しい洗顔をするには「ふんわりモコモコの泡」が欠かせません。

たっぷり泡立てて洗顔をしましょう。

 

ただ、写真のような泡を素手でつくるのはとても難しいです。

とくに男性は泡立てが苦手な人も多いと思うので、「泡立てネット」を用意しておくのがおすすめです。

 

泡立てネットはどんなものでも構いませんが、ぼくは「バルクオムの泡立てネット」を使っています。

660円(税込)と値段は張りますが、ネットが4重構造でサイズも大きいので、驚くほど簡単にモコモコの泡が作れます。

泡立てが苦手な男性は試す価値のある泡立てネットですね。

詳しいレビューは、バルクオムの泡立てネットを口コミレビュー【洗顔体験が変わる洗顔ネット】という記事を書いています。

あわせて読みたい
バルクオムの泡立てネットを口コミレビュー【洗顔体験が変わる洗顔ネット】
バルクオムの泡立てネットを口コミレビュー【洗顔体験が変わる洗顔ネット】 今回は、長い間愛用しているバルクオムの泡立てネット「THE BUBBLE NET」をレビューしていきます。 ...

 

そして最後は、顔についた泡(洗顔料)をしっかり洗い流しましょう。

洗い残しがあると「肌トラブル」につながる恐れがあるので、実は大切なポイントです。

Yuki
Yuki
それでは詳しい洗顔方法を解説していきます!

【ステップ1】洗顔の準備

まず最初に「手」を洗います。

手をきれいにしたら、洗顔料を使う前にぬるま湯で顔を予洗いします。

あくまでも「予洗い」なので、軽くホコリや汚れを落とすイメージです。

顔に水分がいきわたることで、洗顔時の泡立ちがよくなります。

【ステップ2】洗顔料を泡立てる

洗顔料を泡立てネットにとり、しっかり泡立てます。

弾力のあるモコモコの泡が理想。泡は「洗顔時に肌の摩擦を低減するクッションの役目」を果たします。

コツとしては、

  • 最初にネットを濡らす
  • 空気を含ませるように
    泡立てる
  • 力を入れすぎずソフトに
    泡立てる

このあたりを意識してみてください。

【ステップ3】洗顔料をなじませる

洗顔料が泡立ったら、まずは皮脂量が多い「Tゾーン」に泡をおいていきましょう。

Tゾーンは「額から鼻にかけて」ですね。

中指か薬指の腹で円を描くようにして、泡と皮脂汚れをなじませるイメージです。

 

Tゾーンのあとは「Uゾーン」と呼ばれる「頬や顎のあたり」に泡をおいていきます。

同じように中指と薬指の腹で円を描きつつ、泡と顔の汚れを優しくなじませればOK。ゴシゴシこすらずに力を抜いて行います。

【ステップ4】顔全体をさするように洗う

次に「目元」「口元」など細かい部分に泡を馴染ませ、顔全体をさするように洗います。

泡を転がすような感覚で、なるべく摩擦が起こらないようにするのがポイントです。

【ステップ5】洗顔料を洗い流す

最後にしっかり泡を洗い流します。

ポイントとしては、

  1. ぬるま湯を使う
    (熱すぎるお湯はNG)
  2. すすぎは数回行う
  3. 顔をこすらないようにする

以上3つを注意してください。

泡を流し終わったら、清潔なタオルで顔を軽く押さえるように水分を吸い取ります。

Yuki
Yuki
これで「肌に優しい洗顔」が完了です。おつかれさまでした!

【洗顔方法はOKだけど】どんなメンズ洗顔料を選ぶべきか

さてここまで「肌に優しい洗顔方法」をお伝えしましたが、

悩めるクマ
悩めるクマ
洗顔方法はわかったけど
どんな洗顔料を
使ったら良いの?

こんなふうに悩む男性もいるはずです。

最近はいろいろなメンズコスメがあるので迷いますよね。

 

ぶっちゃけ洗顔料などのコスメ類は、「肌に合う・合わない」「好き・嫌い」があるので、自分に合った洗顔料を選ぶのがベストとしか言えないのが本当のところです。

でも、それだと何の参考にもならないと思うので(汗)、個人的におすすめしたい「洗顔料選びのポイント」をサクッと3つお伝えします。

  1. 洗浄力と優しさを両立している
  2. 泡立ちが良い
  3. 美容成分が配合されている

洗浄力と優しさを両立している

まずは、洗浄力と肌への優しさを両立している洗顔料を選びましょう。

先ほどお話したように、洗顔の目的は「皮脂汚れを落とすこと」にあります。

なので、皮脂や汚れをしっかり落とせる洗浄力をもつ商品がベターです。

 

ただし、あまりに洗浄力が強いと、

  • 肌が乾燥する
  • 皮脂が根こそぎ奪われる
  • 刺激が強い

このようなデメリットもあるので、肌への優しさにもこだわった洗顔料をセレクトしましょう。

例えば、

  • 低刺激を売りにしている
  • 潤い成分を高配合している
  • 美容成分にも気を使っている

こんな洗顔料は肌に優しい可能性が高いです。

泡立ちが良い

2つ目のポイントは「泡立ちの良さ」です。

これもお話しましたが、洗顔時にモコモコの泡は「クッションの役目」を果たします。

また、ふんわりした弾力泡は

  • 「単純に洗顔が気持ち良い」
  • 「泡をころがしやすい」

というメリットもあります。

いずれにしても「肌に優しい洗顔」がしやすくなるので、なるべく泡立ちの良い洗顔料を選びましょう。

美容成分が配合されている

3つ目は「美容成分が配合されていること」です。

具体的には、

  • 潤い成分
  • 保湿成分
  • 整肌成分

など、男性の肌をしっかりケアしてくれる成分を使っているものを選びたいところです。

とくに男性は「潤い・保湿」は欠かせない要素なので、グリセリンやミネラルなど「保湿成分」をきちんと配合している商品がおすすめです。

本当におすすめできるメンズ洗顔料とは?

ちなみにぼくがこれまでに試した洗顔料のなかで、最もおすすめできる商品は「使って実感!本当におすすめできるメンズ洗顔料をまとめてみた」という記事にまとめています。

洗顔料選びで迷っているなら、ぜひ読んでみてください。

あわせて読みたい
使って実感!本当におすすめできるメンズ洗顔料をまとめてみた【2019年版】
使って実感!本当におすすめできるメンズ洗顔料をまとめてみた【2021年版】 この記事を読んでいるということは、 このように悩んでいるのではないでしょうか? 洗顔料はスニ...

 

なかでも愛用歴が長いのは、バルクオムというメンズコスメブランドの洗顔料です。

木村拓哉さんや窪塚洋介さん、サッカー選手のエムバペをイメージキャラクターに起用しているので、ご存知の方は多いのではないでしょうか。

 

イメージ的にミーハーなブランドのように見えますが、、、

実は、

  • 泡立ち抜群
  • 美容成分充実
  • 潤い感も高い

三拍子揃った使い心地バッチリの商品です。

「生せっけん」と呼ばれるクリーム状の洗顔料のおかげで、モコモコの弾力泡を作ることができます。

肌に優しいだけでなく、モコモコの泡に包み込まれる洗顔は気持ちイイ。。。

洗顔後に化粧水で保湿をすると肌がモチモチします。

洗浄力もマイルドで刺激が少ないので、とくに「肌の乾燥が気になる男性」におすすめできます。

 

成分一覧は以下のとおり。

カリ含有石ケン素地、水、グリセリン、ソルビトール、BG、クレイミネラルズ、ベントナイト、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、グリセリルグルコシド、トコフェロール、キサンタンガム、レシチン、水酸化Na、グリシン、エタノール、フェノキシエタノール、香料

引用元:バルクオム公式サイト

 

収穫後4ヶ月経っても潤いを保ち続ける奇跡のリンゴ「ウトピラースパトラウパー」のエキス(保湿力)や、

リンゴのイメージ画像

 

肌を整え正常な状態に近づける働きをもつ「西洋シロヤナギの樹皮」、

セイヨウシロヤナギ樹皮エキスのイメージ画像

その他にも、保湿や整肌に優れた「ユズ果実エキス」や「チャ葉エキス」など、自然由来成分を贅沢に配合しています。

パッケージデザインもシンプルかつおしゃれでかっこいい。

毎日のスキンケアが楽しみになります。

公式オンラインストアでは、定期コース申し込みで初回990円(税込)のキャンペーンをやっています。

洗顔料だけでなく、化粧水と先ほど紹介した「泡立てネット」もセットで990円(税込)になっているのでお得です。

バルクオム詳細記事バルクオム公式通販

初回990円の定期コースを申し込む注意点については以下の記事でまとめているので、興味がある方は併せて読んでもらえると嬉しいです。

あわせて読みたい
【要注意】バルクオム初回990円を試すなら必ずチェックしたい3つのこと
【要注意】バルクオム初回990円を試すなら必ずチェックしたい3つのこと この記事を読んでいるということは、 と考えているのではないでしょうか? 通常バルクオムは、洗顔料だけ...

※価格やキャンペーンについては記事執筆時点のものになります。正しい情報を心がけておりますが、最新情報は公式サイトなどでご確認いただけると幸いです。

男性におすすめできる洗顔料&化粧水3選

洗顔料や化粧水選びでお悩みではありませんか?

様々なメンズコスメをレビューしている管理人が

  • 泡立ちが良いか
  • 肌に優しい成分を配合しているか
  • 保湿力は高いか
  • パッケージデザインが優れているか

を基準に、メンズ洗顔料&化粧水を3つ厳選しました。

本当におすすめできる商品をまとめたのでチェックしてみてください!

メンズ洗顔料&化粧水
ベスト3をチェック